杣口通信[里山便り②]


1994年創設、山梨県山梨市牧丘町杣口字青山の最奥に立つ小さな山小屋「杣口山の家」から季節の便りをお届けします。山小屋といっても一般営業はいたしておりませんのであしからず。
by somaguchi2
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カヤック漕ぎに西湖まで

 先週末の杣口滞在中、富士五湖のひとつ西湖までカヤックを漕ぎに半日ほど出かけてきました。車で1時間半ほど、湖岸でカヤック2台を組み立て水上散歩。風が湖面を渡ると涼しく快適なことこのうえなし。やってみたいという方がいたら講習会を開きますよ〜。
d0179883_1027461.jpg


 浅瀬ではこんなヨシノボリの仲間がたくさん泳いでいたので1尾だけ採集して、東京のわが家の水槽に移住させて観察することに。愛嬌のあるかわいい顔をした魚です。
d0179883_10352325.jpg

[PR]
by somaguchi2 | 2010-07-28 10:35

貯水タンク掃除、草刈り、その他

 猛暑日が続く東京から、およそひと月ぶりに杣口を訪れると、庭は草の海。モンゴル高原の草の海ならいいが、羊1頭とていない山の小屋だから、草は伸び放題で、放っておけば多少は植えてある野菜や植木、さらには建物まで埋没しかねない。今年の草刈りは6月に一度したきりなので、おそるおそる週末の夜に出かけてみると、案の定、びっしりと地面を覆う草の波が風に揺れていらっしゃいと手を振るよう。
 現在のところ山小屋の立つ谷に点在する都合6軒に水を供給している簡易水道設備の貯水タンクの清掃が今回のメインの仕事なので、朝から下の家の人たちと協力して取りかかる。最低でも年に一度はしなくてはならないことなので、備忘のつもりで簡単に手順を書き出しておこう。
 あらかじめ前夜から水の供給を止めておいてくれているので、タンクからの供出バルブを閉じ、残っている水を底のバルブを開けて全部出し、内部の壁面についた汚れや底部に溜まった泥をブラシできれいにする。その際に、給水ストップ栓のフローターもすべて取り外して汚れなどを除いておく。済んだら供給元バブルを開けてタンクに貯水をする。ここから1時間ほど、7〜8割がた水がたまったところでフローター装置を元通りに取り付けて終了。フローターの取り外し、取り付けなど細かな手順が別にあってけっこう煩雑なので、それは別に小屋のノートに書き出しておくことにする。
 水温を測ると18〜19度くらい。気温30数度から比較すると、かなり冷たく感じられる。最後のフローターの取り付けは、内部階段に安全ベルトで身体を確保しながらおこなわなくてはならないので、手間取ると水に浸かる足がしびれてくるほどになる。
d0179883_1001037.jpg
d0179883_1004991.jpg
d0179883_1002816.jpg

 こんなふうにして本年度のタンク清掃がめでたく終了したところへ、タイミングを見計らったかのように東京から後続組が到着。草刈りは後続にまかせることにしようか〜!?
[PR]
by somaguchi2 | 2010-07-26 10:06

杣口通信ブログ新館です

d0179883_14284683.jpg

 6月最終日曜、あと3日で山開きを迎える富士山。
 東京へ帰る間際になって姿を見せてくれました。
 雪はだいぶ消えたようだが、沢筋にはかなり残っているように見える。

 さて、杣口通信[里山便り①]はさほど頻繁に更新してはいないものの、2005年7月以来丸5年たち、画像容量がほぼ満杯になってしまいました。そこでここに新館、杣口通信[里山便り②]を立ち上げました。新しい情報やイベントのお知らせなどは今後このページでおこないますので、ブックマークなどされている方はここへどうぞ。
 杣口通信[里山便り①]は今後更新しませんが、そのまま残しておきます。過去の記事や写真などをご覧になりたい方は右の覧にリンクしておきますのでそちらへどうぞ。
[PR]
by somaguchi2 | 2010-07-04 15:16